住宅診断チェックポイント・中古一戸建て編

住宅診断チェックポイント・・・屋根

建築士による住宅診断も無料です!   建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!
屋根で起こりやすい劣化は棟板金の釘の浮きです。放置すると下地の木部が腐食するので釘の打ち込みや打ち替えなど定期的な点検が必要です。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 瓦屋根で劣化しやすい箇所は棟瓦などの面戸漆喰の剥がれです。漆喰が剥がれると中の粘土が流出して瓦のズレや雨漏りの原因になります。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 写真はスレート部材の割れです。防水は下地で行っているので、このひび割れが直ぐに雨漏りになると言い切れませんが、時期を見て修繕が必要です。

住宅診断チェックポイント・・・外壁

仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!
外壁のひび割れです。幅0.3mm以上のひび割れは、毛細管現象により雨水が浸入すると言われています。ちょうどテレホンカードの厚みと同じです。気になるひび割れに差し込んで見てください。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 外壁のチョーキング(白亜化)です。熱、紫外線、風、雨などのため塗膜が劣化し、塗膜表面が次第に粉状になっていく現象です。塗装修繕の目安になります。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 外壁サイディングボードの目地の部分です。10年前後程度で目地シールが劣化し界面剥離を起こしています。放置すれば室内に雨水が浸入する可能性が高いです。定期的な点検が必要です。 

住宅診断チェックポイント・・・基礎

仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!
基礎のヘアークラックです。この基礎は表面に化粧モルタルが施工されているので、その部分のひび割れです。モルタルの乾燥収縮によると思われ構造的には問題ないひび割れです。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 幅1mm程度の基礎のひび割れです。このひび割れだけで構造的な問題や地盤に対する問題を推定できませんが、仮にひび割れが基礎を貫通していた場合はエポキシ樹脂などによる修繕補強をお勧めします。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 基礎が浮いている状態です。基礎の根入れ不足や地盤沈下が原因と思われます。いずれにしても欠陥と言える状態です 

住宅診断チェックポイント・・・床下

仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!
床下の構造です。土間がコンクリートだからと言って、全てがべた基礎とは限りません。この写真でべた基礎かどうか分かりますか。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 床下の漏水箇所です。木部の含水率は92.8%です。一般に30%を超えると腐朽菌が発生し木部が腐食します。建物の劣化は床下から始まると言われているので定期的な点検が必要です。  仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です! 床下の漏水箇所です。これは浴室からの漏水でした。在来の浴室はタイル目地などのひび割れから漏水するので定期的な点検が必要です。。 

住宅診断チェックポイント・・・小屋裏

仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!   仲介手数料無料・建築士による住宅診断も無料です!
屋根裏にバケツが設置されていました。流石に想定外でしたが、ご契約前に発見することにより、後々のトラブル回避となります。  仲介手数料無料と新築一戸建て 鳥の巣の写真です。所有者の方も屋根裏部分は日常殆ど見ませんので気がつかない場合があります。侵入箇所を特定して改善の必要性があります  仲介手数料無料と新築一戸建て 屋根裏の構造です。写真は木造在来工法の小屋組です。屋根裏を見ると建物の工法がわかります。野地板のシミなど雨漏りの有無を確認します。。 

住宅診断チェックポイント・・・屋内傾斜測定・各設備の点検

仲介手数料無料と新築一戸建て   仲介手数料無料と新築一戸建て   仲介手数料無料と新築一戸建て
レーザーマーカーによる屋内傾斜測定です。おもに柱や壁の鉛直方向を測定します。1mで3mm程度の傾斜であれば問題ないと言えます。建物が傾斜している原因はさまざまな要因があるので必要があれば専門調査をお勧めしています  仲介手数料無料と新築一戸建て アースコンセントで、テスターを用いてアース機能を調査します。希に結線されていない場合があるので注意が必要です。緑のランプが2箇所点灯で異常ありません。  仲介手数料無料と新築一戸建て 住戸内の水栓を全て閉めた状態で水道メーターを確認します。左側の銀色のボタン(中央に赤い点)はパイロットマークといい、水を使っている時は回転しています。水を使っていないのに回転している場合は、漏水の可能性があります。

Copyright(c) 2011 HOUSEON. All Rights Reserved.